トラックドライバーの待遇

トラックドライバーの給与

厚生労働省発表の平成29年賃金構造統計調査では、トラックドライバーの平均給与は32万円となっています。歩合制をとっている会社が多く、売り上げに応じてさらに報酬を得ることが可能です。トラック運転手には小型と大型があり、大型貨物の運転手の方が給与が高い傾向にあります。大型資格を持っていると、給与面でも高収入が期待できるでしょう。年収は40代がピークですが、若い世代との差があまりない職業です。給与は企業規模によって、あまり差がありませんが、規模が大きい企業の方が、ボーナスや歩合制の部分が高いため、年収が変わってくることがあります。トラック運転手の仕事は、固定給の割合が4割~5割程度です。業績や仕事の量によって給与が変動することがあります。

運送業界は常に人不足になっています。配送ドライバーの労働環境を改善するために各会社で取り組みがされていて、給与も従来より高待遇での求人を見つけることが可能です。荷物を目的地まで無事に届けることができれば、自由な時間の過ごし方ができるトラックドライバーの仕事は、新しい業界からの転職も歓迎しています。年齢や経歴に関わらず挑戦できるため、待遇がいい求人に応募しましょう。

トラック運転手の福利厚生

トラックドライバーというと、長距離ドライバーをイメージする方が多いですが、さまざまな仕事があります。決まったエリアへの配送やコンテナヤードなどの仕事など、仕事を選ぶことができるのです。仕事によっては、17時までに退社できプライベートをしっかりと確保できる職場もあります。よりよい仕事を見つけるためには、勤務地や給与だけでなく、福利厚生に注目しましょう。社会保険に加入しているかどうかや有給給与があるかどうかはもちろんですが、残業代がしっかり支払われるかどうか求人を確認してください。残業代は、みなし残業制度になっていて、思っていたように支払われない会社もあります。残業代は給与に加わり、年収に大きく左右しますので、きちんとした会社かどうかを判断してください。賞与や昇給は会社によって異なりますので、求人票に昇給や賞与の表記があるかを確認することが重要です。

資格取得支援制度がある企業は、フォークリフトなど他の免許の取得補助をしてくれるところが多いです。トラックドライバーとしてさらにキャリアアップを実現することができます。手当の内容などにも事前に確認しておきましょう。トラックドライバーは働く会社次第で、思い通りの働き方ができます。

© Copyright Truck Driver Jobs. All Rights Reserved.