トラックドライバーの面接の傾向

経験と年齢を重視するのが特徴

トラックドライバーは多くの荷物を指定された時間に届ける仕事です。そのため、確実に目的地へ到着できる運転技術が欠かせません。トラックは大型の車両なので運転が難しく、豊富な経験が求められます。トラック免許を取りたての人よりも運転経験が豊富なベテランドライバーの方が運送会社にとって重要な人材である事実は否定できません。その一方でドライバーの高齢化は事故のリスクを増大させると問題になっていることから、ベテランでも極端に高齢な人は敬遠される傾向があります。トラックを安全かつ迅速に走らせることができる経験を持ちつつ、ある程度の若さを持つ人材を欲しているのが運送業界の実状と言っても過言ではありません。 ひと口にトラックドライバーと言ってもその仕事内容は様々です。小型トラックによる限られた地域内でのルート配送もあれば、大型トレーラーを運転して長距離輸送を行う仕事もあります。いずれの仕事も普通乗用車よりも車高が高い、大型の車両を運転するので周囲の安全を確認できることが絶対条件です。トラックの運転経験が未熟であったり、判断力が低下している人はトラックドライバーの仕事には不向きと言えます。そのような理由から経験や年齢が重要とされているのです。

運転経験を積むことが何よりも重要

トラックドライバーの求人の多くは経験者を優遇する傾向があります。即戦力になる人材を求めている他、経験者であればトラックを安全に運転できると見なされるためです。トラックを安全に運転するには経験を積む必要がありますが、すべての運送会社がドライバーの育成に時間を割くことができるわけではありません。仕事が多忙であったり人手不足などの理由で人材を育てる余裕が無い会社はすぐに働くことができる経験者を優先して雇用します。しかし、どのようなドライバーも運転経験を積まなければベテランにはなれません。そのため、トラックの免許を取った人は未経験者でも働くことができる会社を探すことから始める必要があります。

トラックの運転経験を積むには人材育成を積極的に行う会社を選ぶことが重要です。大手の会社は営業所の規模も大きく、ドライバーも多く在籍しています。また、特定の地域に限ったルート配送は初心者向けとも言える仕事なので経験を積むには最適です。求人広告を比較する際はそれらの点を考慮する他、問い合わせや面接の際には新人に対する教育の有無を確認します。事故を起こさず、安全運転を遵守しながら経験を積むには会社選びがもっとも重要であることは間違いありません。

© Copyright Truck Driver Jobs. All Rights Reserved.