求人の内容に応じた対策例

地域密着型のドライバー求人の場合

地域密着型のトラックドライバーの求人に応募するときは、運転スキルのほかに、いくつかのスキルをアピールしておくと面接で評価される可能性が高いです。例えば、ルート配送などを担当する仕事の場合、ドライバーは荷物を目的地までただ運べばよいというわけではありません。配送先への挨拶や営業なども仕事に含まれてくるため、感じのよい応対ができることがひとつのスキルになってきます。こういったルート配送の求人に応募する際には、礼儀正しさや丁寧さなどをアピールすると面接官によい印象を持ってもらえるかもしれませんね。愛想がよい対応ができれば、採用される確率もさらにアップするでしょう。

地域密着型のドライバーは、人づてのうわさ、口コミなどが自身や勤務先の評判に影響することがあります。雇う側としては、感じのよい対応ができるリスクが少ない人を雇用したいというのが本音です。慎重で冷静な対応ができることをアピールするのも、地域密着型のドライバーの面接では効果的かもしれません。走行距離が短くても、ドライバーは常に安全運転を心がけることが必要です。性格の点でも事故やトラブルを起こすリスクが少ない人のほうが、面接でも有利になる可能性があります。

中距離以上の配送をするドライバー求人の場合

中型トラックや大型トラックなどを運転するドライバーに応募する場合は、面接でも自分の運転スキルを積極的にアピールしたいところです。このようなトラックを運転するドライバーは、高速道路などを走行する機会が多いです。不慣れな場所を走行するケースが増えるため、運転に慣れていることをアピールすれば面接官も安心する可能性があります。普段からいろいろな場所にドライブに出かけている人は、面接でも自分の運転スキルをアピールしておきましょう。トラブルに遭遇しても動じない冷静沈着さも、中型や大型のトラックドライバーに求められるスキルです。

走行距離が長い場合、途中で渋滞に巻き込まれたり、道に迷ったりする可能性もでてきます。イレギュラーな事態に遭遇しても慌てずに行動ができるかどうかは、面接官にとってもひとつのチェックポイントです。また、中型や大型のトラックドライバーは、健康状態も重要です。普段から体を鍛えていることや、健康に気を遣っていることを面接官にアピールすれば、採用率がアップするかもしれません。飲酒の習慣があったり、持病を抱えていたりする人は、仕事に影響を与えないことを面接官に理解してもらえるようにしましょう。

© Copyright Truck Driver Jobs. All Rights Reserved.