トラックドライバーだからこそ押さえておくべきポイント

確実性と安全性への理解が大事

運送業としてのトラックドライバーは、確実性と安全性の両方が求められます。確実さを追求すれば結果的に安全にもなりますし、またあらゆる面で企業側にメリットがあるのです。時間通りに荷物を運ぶ、積み忘れなどがない状態で運ぶ、またトラックの内部の積み荷を安全基準通りに積み込むなど、そうした確実に仕事をこなせるということ、つまりはマニュアルがあればそれを守る、交通法規を遵守する、決まりを守るという単純ですがしかしとても重要なことがしっかりと守れるかどうか、そこが重要となります。

面接においては経験があることは大きなメリットになりますが、一方であちこちの職場を転々としてしまうのはデメリットになりえます。経験があるという部分が安全性への配慮、仕事への取組みの姿勢の良さへとつながっていることがトラックドライバーにとっては欠かせない要素です。だからこそ、その部分をいかに強調できるかが就職する上でのポイントとなります。

ドライバーとしての能力としては現在ではさほどスピードは求められません。交通法規の遵守が逆に求められるため、仕事を雑にこなすよりは正確にこなせる人の方が会社としても欲しい人材ということになります。

トラックが好きだからこそできる仕事だと理解しよう

本当にトラックが大好きだからこそトラックドライバーになりたいという人がこの仕事に向いています。というのもトラックドライバーが一番一緒にいるのがトラックであり、それは人ではなく自動車なのです。この仕事は長期間の勤務になりますし、また長期勤務を求められます。そんなときにあまり人間関係での悩みというのは抱えずとも済みますが、一方でトラックに長時間乗っていても苦ではないという精神性が求められてきます。自動車に長時間乗るというのは普通はストレスになるものです。人によってはそれなら対人関係で悩んでいた方がマシという方もいます。それくらい特殊な仕事ですから、本当にトラックが好きでなければドライバー業は長続きしません。

就職の際にはやはりトラックが好きかどうかというのは採用における一番といっていいほど大きな基準となります。そのため、業界について詳しいことはもちろんのこと、トラックに乗っていることの楽しさであったりやりがいであるというところを本当に理解しているということアピールできれば就職はよりやりやすくなるでしょう。ドライバーの多くはトラック好きであるため、よくデコトラなどの話題にもなります。トラック関係の雑誌などを読んで知識を身に着ければ話に花も咲きますし、人間関係においてもストレスなく友達のように接しながら仕事ができるようになります。トラックが好きなら人間関係でも馴染みやすい仕事なのです。

© Copyright Truck Driver Jobs. All Rights Reserved.